マイアミから絶景ドライブへ出発。カリブ海に浮かぶ小さな島々で魚介類を堪能! | 猫、アメリカへ行く

アメリカ旅行記 日記

マイアミから絶景ドライブへ出発。カリブ海に浮かぶ小さな島々で魚介類を堪能!

サンクスギビングからマイアミとキーウェストへ2泊3日の旅に出ました。2日目のレポートです。

 

マイアミ旅行地図

2日目はマイアミからアメリカ最南端キーウェストへの移動です。車で約4時間掛かります。

 

この地図を見てもらうと分かりますが、マイアミからキーウェストまでの道はほぼカリブ海の上!!ですよね。小さな島と島が道路や橋で繋がっている・・・日本でいうところのしまなみ海道ってところでしょうか。

キーウェストは、マイアミよりキューバの首都ハバナの方が近いという位置にあります。なので、アメリカ国内旅行でありながら、海外旅行でもある感じです。

日本人には余り馴染みは無いですが、アメリカ人には冬の観光地としてとても人気です。

 

マイアミビーチで朝日を見る

2日目は早めに起きて朝日を見ようと思ってました。

日の出は6時30分頃、前日飲み過ぎたにも関わらずちゃんと起きることが出来ました。

マイアミの朝日

部屋から朝日を見ることが出来ました。

が、たまらなくなってビーチに出て行きました。

ビーチで見る朝日

わーお。ビューテホ~♡

マイアミビーチ④

朝のビーチを散歩。

朝早くのビーチには何も無かったのに、係の人達が一斉にビーチチェアとパラソルを設置し始めました。

ビーチのパラソル

優雅です。これは隣のホテルのプライベートビーチ、座ってもバレないだろうけど一応自分のホテルの方へ・・・。

ビーチのパラソル

ビーチチェアに座って、というか寝そべって海をぼーっと眺めていました。

そんなに暑くなく、風も気持ちよくて、海の音が心地よい。

何もしなくても30分くらいはボーっと出来ました。贅沢な時間です。

さて、朝日とビーチを堪能したので、いよいよキーウェストに向けて出発です!!

キーラーゴ島 フィッシュリーズバックヤードカフェで石蟹爪(Stone Crab)を食す

 

マイアミからキーウェスト

マイアミからキーウェストへ向かって出発したわけですが、しばらく周りの景色は湿原が続きます。ジャングルのようです。

マイアミの湿原

そして、一度海に出てから一つ目の島 キーラーゴ島でランチを食べます。

キーラーゴ フィッシャリーズ バックヤードカフェです。

海沿いの島ということで新鮮なシーフードを食べることが出来ます。

フィッシャリーズバックヤードカフェ

で、ここでの名物は石蟹の爪、Stone Crabです。

ストーンクラブ

これです。立派な蟹の爪!!!プリっプリでした☺

外の売り場の右側に鮮魚コーナーみたいなところがあります。そこで、このStone Crabは注文できます。

キーラーゴ鮮魚

鮮魚コーナーはこんな感じ。

外の売り場では飲み物やフライ系、サンドイッチなどが注文出来ます。

ロブスター

奮発してロブスターも頼みました。これも外の売り場で注文出来ます。

これまた、プリップリ!!!たまりません。

キーラーゴ

このお店のすぐ裏は港のようになってます。そら、新鮮な魚介類が集まってくるわけだ。

フィッシャリーズバックヤードカフェ

入り口には”ロブスターになって写真が撮れる”所がありました(笑)

もちろん、私だけはロブスターになっときました。

キーウェストまで、海の上をドライブ

ミニクーパー

ここから車をオープンにし、キーラーゴからひたすらまっすぐ一本道をドライブしました。

バンパーに白いの付いてますが、鳥のフンです。やられました💦

さて、気を取り直してドライブです🚙

キーウェストへの道

海の上のオープンカーでのドライブは一言で言って最高!でした。

オープンカーがこんなに気持ちいいとは知りませんでした。

キーウェストへの道

ヒャッホーとか言いたい気分でした♪

途中小さな島々を通り、セブンマイルブリッジを渡り、キーウェストに到着しました。

素朴な港町でした。

キーウェスト

ヤシの木があるだけで、なんでこんなに南国感が出るんでしょう!!

キーウェストに到着したのは日が暮れるちょっと前でした。

キーウェスト マロリー広場で夕日を堪能する

キーウェストで夕日を見るならマロリー広場だということで、日が暮れ掛かっている時間にそこに到着しました。

マロリー広場の夕日

マロリー広場の夕日

到着してどんどん暗くなっていきましたが綺麗でした。

キーライムパイのお店

そして、広場で売っているキーライムパイを購入。

キーライムというのがここでは有名なのだそう。キーライム製品がたくさん売られてました。

キーライムパイ

キーライムパイ。見た目はいたって普通☺味も普通。ちょっと酸っぱいチーズケーキって感じかな。

マロリー広場で夕日も見たし、キーライムパイも食べて満足でした。

お次はホテルにチェックインです。

キーウェストで泊まったお勧めのホテル

キーウェストで泊まったホテルも素敵でした。またまたお勧めです。

泊まったホテルはサザンモストビーチリゾートです。

サザンモストビーチリゾート

3階建ての棟が何棟もあってリゾートホテルというだけあってかなり広いです。

プールもいくつもあります。

サザンモストビーチリゾート

私は海沿いの棟で今回もオーシャンビュー♡

サザンモストビーチリゾート

部屋から見える景色です。

サザンモストビーチリゾート

南国感も満載です!!

 

キーウェスト夜の街を満喫

ホテルにチェックインした後は夜の街に繰り出しますよ👍

キーウェスト地図

ホテルからデュヴァル・ストリートを歩きます。おそらく、この通りが一番賑やかなのではないのでしょうか。

キーウェストの夜の街

キーウエストのサークルK

サークルKもあります。

キーウェストのハードロックカフェ

ハードロックカフェも。大阪やニューヨークのハードロックカフェとはちょっと雰囲気違います。

キーウェストの夜の街

キーウェストの夜の街

外でゲームやってる(笑)

スロッピージョーズバー

そして、このバーに立ち寄りました。スロッピージョーズバー🍻

このバーはあの有名なヘミングウェイが愛したバーなんだそう。

ヘミングウェイって名前知ってるけど・・・て人多いかもしれませんが。私もその内の一人です。「日はまた昇る」とか「武器よさらば」などを書いた小説家、ノーベル文学賞も受賞してます。

さて、そのヘミングウェイが愛したバー「SLOPPY JOE’S BAR」。

その日はライブが行われてました。ここのバーだけでなく、周辺のバー色んな所でライブは行われてましたよ。

キーウェストのライブ

ライブを楽しみつつ、呑んでました。

少しするとステージの前の席が撤去され、ダンスフロアに早変わり~~。

皆様思い思いのダンスを楽しんでました。私ももうちょっと呑んだら踊ってたかな~~。

そして、バーを後にして、今度はキーウェスト名物コンク貝を食べに向かいます。

THE CONCH SHACKというお店です。スロッピージョーズバーのすぐ近くです。

コンクシャック

キーウェストはコンク貝という貝が有名みたいです。

注文したのはコンク貝のフリッターとすり身のボールとセビーチェ&キーライムのセットです。どちらも揚げたてで、丁度良い塩加減で調理されていて美味しかったです。

キーウェストの夜の街もお酒も名物料理も堪能出来て2日目も満足です。

・・・3日目のレポに続く。

 

 

 

-アメリカ旅行記, 日記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

綺麗な猫

中身より外側!!猫と箱の関係

ソファでくつろぐ大豆。ソファを買い替えたい飼い主とは裏腹に、ここが居場所だと言いたげな大豆です。     最近、大豆の為に(通販で送料無料にする為に)おもちゃを買いました。 大豆も …

ブロードウェイ

ブロードウェイミュージカルを堪能!チケットをお得に手に入れる方法

ニューヨーク旅行記、2日目の夜はブロードウェイミュージカルを堪能しました。 この旅で一番良かったと思ったのがこのミュージカルが見れたことでした。 ミュージカルの劇場が沢山あります。劇場はそんなに大きく …

ブルックリンの古着屋

ブルックリンでお洒落な街探索と古着屋巡り

ニューヨーク旅行記続きます。 2日目はシェイクシャックでブランチをしてからブルックリン地区へ向かいました。  猫、アメリカへ行くニューヨークに来たら一度は食べたい絶品ハンバーガー♡シェイクシ …

車のキー

駐在妻の登竜門と彼氏感のある猫

駐在妻の登竜門である「運転免許試験」を受けてきました! 筆記試験と路上技試験の両方が受かると免許取得となります。 で、まだ取れていません💦 ・・・試験に落ちた( ;∀;) 筆記試験は何 …

ジョージア水族館

アトランタ観光の思い出~日帰りで行くならここ!~

Happy Easter!!今週日曜はイースターだそうです。復活祭とも言われますが、イエス・キリストが十字架に掛けられた後、どうやら復活したみたいです。その復活を祝うのが復活祭だそうです。 我が家は週 …

猫 大豆
このブログの主人公。大豆。アメリカ名は「DAIZU」
家族のマスコット(笑)であり癒しである。飼い主の都合でアメリカに来る羽目になる。長時間のフライトは大豆にとっての大冒険!!

名前:やたお
 猫の大豆と無事渡米を果たす。アメリカサウスカロライナ州で駐在妻となる。猫との渡米準備、情報、猫の日常、アメリカでの生活などなど、ゆるゆると綴っていきます。