猫、日本入国の為の条件は?狂犬病ワクチン接種と抗体価検査など | 猫、アメリカへ行く

渡航準備(猫)

猫、日本入国の為の条件は?狂犬病ワクチン接種と抗体価検査など

先日大豆の狂犬病ワクチン2回目を接種してきました。

狂犬病ワクチン1回目の様子はこちら

くつろいでるところ申し訳ないですが、大豆さん、行かなければなりません。

今日は狂犬病ワクチン2回目接種日です。

 

 

日本に入国の為に必要な手続き 狂犬病ワクチン接種など

日本からの出国に際しては、狂犬病ワクチン接種は必要では無いですが、アメリカでは年1回狂犬病ワクチン接種義務がある為に、接種が必要です。

と、いうことは?1回のワクチン接種でいいんじゃないの?

何故2回接種するのか?それは、日本に帰国する際に必要だからです。

 

アメリカから日本へ猫を入国させる為の条件は

 ①マイクロチップ挿入

 ②狂犬病ワクチン1回目接種

 ③1か月後、狂犬病ワクチン2回目接種

 ④2週間後血清採取→血清の検査(検査機関に血清をクール便で送付)

 ⑤180日待機(この間は帰国不可)

一旦アメリカへ渡ると、日本に連れて帰ることは今のところしばらく無いですが、もし緊急帰国となった場合、⑤の180日待機というのがやっかいで、連れて帰れないことになります。

上記の場合のことや、アメリカで上記のことを1からすることを考えたら気が遠くなりそうだったので、日本で先に手続きをしていくことを決めました。動物病院の先生も同じような事をおっしゃっていました。

ちなみに一回血清を検査すると、2年間有効です。なので、アメリカに連れて行った際には2年毎に血清を確認する必要があります。

 

ただ、血清を確認してもらえる機関が少ないらしく、まずリサーチが必要みたいです。

動物病院

狂犬病ワクチン2回目接種時の大豆の様子

ゲージの猫

病院行く前は相変わらずの恨みつらみの目!!まあ、だいぶ病院行くのは慣れましたけどね。
行きの車の中は大騒ぎなんだけど、帰りの車は静かです。もう家に帰れるって分かってるんですねー。
撫でられる猫
2回目の狂犬病ワクチンも無事終わりました!!
次は2週間後の血清採取です。その日は血清を採取後、病院から受け取り、そのまま郵送会社に持って行きます。そして、クール便で検査機関へ送付することとなります。
検査結果は約1~2週間だそうです。

 

 

 

 

 

-渡航準備(猫)
-

執筆者:


  1. カイキ より:

    ブログランキングから訪問させていただきました。
    ペットも一緒に海外に行けるのですね!
    ワンちゃんも、さぞ楽しかったことでしょうね(o^―^o)ニコ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

布団の上の猫

猫の抗体価検査の結果(写真有り)と日本帰国の際の手続きまとめ!

数週間前、動物病院へ大豆の血清採取&抗体価検査を依頼してました。 →動物病院で血清採取&抗体価検査の依頼をした時の様子 血清を採取し、動物病院からカンザス大学のラボに送付、抗体価検査を依頼してくれまし …

ソファの上の猫

猫、日本へ行く。入国の為に在米中にやるべき事

相変わらず布団に篭る大豆。たまに生存確認の為に布団をめくります。すると、この迷惑そうな顔です( ;∀;) さてさて、気が早いですが、大豆が帰国する時の為にアメリカでやっておかなければいけないことがあり …

注射器おばさん

猫の狂犬病抗体検査-血清採取-

大豆の渡航準備も最終段階に入ってきました。 狂犬病の予防接種2回終了後、2週間経ちました。 またまた動物病院に行く日が来ましたよ~~大豆ちゃん! 今回は狂犬病の抗体検査の為に血液を採取します。人間でも …

マイクロチップを埋め込みました。費用や手順、実際の様子など。渡米準備①

こんにちは☆早速ですが、動物病院に行ってきました。 目的はマイクロチップ挿入です。 目次1 マイクロチップとは?2 マイクロチップ挿入の為に必要な費用は?3 猫をアメリカへ連れていくために、マイクロチ …

トラベル

【猫の渡米準備】空港での事前検疫の手順

ちょっと前の話になりますが、大豆をアメリカに連れてくる為に検疫を受けなければいけませんでした。 出発の3日前に関空の動物検疫所に連れて行きました。 では、動物検疫所とのやりとりはどのように進んでいった …

猫 大豆
このブログの主人公。大豆。アメリカ名は「DAIZU」
家族のマスコット(笑)であり癒しである。飼い主の都合でアメリカに来る羽目になる。長時間のフライトは大豆にとっての大冒険!!

名前:やたお
 猫の大豆と無事渡米を果たす。アメリカサウスカロライナ州で駐在妻となる。猫との渡米準備、情報、猫の日常、アメリカでの生活などなど、ゆるゆると綴っていきます。